*

11月22日 「まずは、やってみよう!」

デンマークの建築家に、インゲルスという方がいらっしゃいます。
その方のモットーは、相反する条件や、実現の難しさがあっても、「イエス」と答えるそうです。
むしろそのほうが、周囲の予想を遥かに超える建築を生み出せるようです。
掲げる目標が高いほど、様々な困難にぶつかるもの。
これまでの経験だけで判断し、「できない」と決めてしまえば、新しい変化を起こすことはできない。
何のための目標かとの原点を忘れずに、思い切って挑戦した時、壁は破れ、新たな価値が生まれる。
人生はまずやってみようとの挑戦者でありたいと。

このブログを見てくださっている皆さんにも言えると思います。
「結婚はしたい、でも僕は、私は、こんなことがある」。
「難しい、できない、勇気がない、人見知り」などなど、挑戦できない理由は山ほどあると思います。
先程の建築家のように、「まずは、やってみよう!」と挑戦して頂きたいですね。


11月14日 黒澤監督でも不評の時が?

映画界の巨匠黒澤監督は、あまりにも有名ですが、その方でも作品が不評な時もあったそうです。
「僕は戦いに敗れることを活力源にして、次々と戦いを挑んでいる」とおっしゃり、
転んでもただでは起きなかったそうです。
不評があったそんな時こそ、自分では気付かない視点を取り入れようと、
周囲の声に真摯に耳を傾けたそうです。
失敗から学べる人は強いです。
その経験を教訓として生かせるからです。
失敗は誰人にもあり、それ自体が幸、不幸を決めるものではないはずです。
その鍵は、自身だと思います。

これは新聞から一部活用したものですが、今までの殆どのブログは、
新聞や、本、雑誌、TVなどの情報から、切り取ったり、メモを取ったりしているものです。
会員様の日頃の活動や体験、成功例などもたくさんありますが、
今結婚に対して、不安に思っている方、勇気が今一歩出ない方に、
ぜひ参考にして頂きたい気持ちで、書かせてもらっています。
また、既に川崎生田相談所に登録をし、活動している当会員様の中にも、このブログを見て、
「考えさせられました」、「勇気が出ました」、「決断が付きました」と報告を頂く場合もあります。
担当者・栗橋の、つたない経験や体験だけでは、会員様の心を動かく事はできません。
その為にも、壁にぶつかっている方の少しでも一歩踏み出すことがができるよう、
微力ながら勉強しております。


11月6日 相手のせいにしているうちは。

若い方はご存知ないかもしれませんが、元プロ野球選手の豊田さんは、
黄金期の西鉄ライオンズで、活躍された方です。
その豊田さんの話の中に、
「勝負に弱い人は、打席に入っても、なぜ打てないのかと悩んでしまう。
反対に勝負強い人は、どうやったら打てるだろうと考える。
すると相手が見えるようになり、目の前が一気に開けてくる」と言う。

会員さんの中で、お見合いをしては断られる。交際になってもまた、お断りされる。
それが続くと、凹んでしまったり、自信をなくしてしまう。
そしてとうとう相手のせいにしてしまいがちです。
「たった1回のお見合いで、自分の何がわかるのか」。
「あの人は、高望みだ、贅沢だ、自分本位だ」と。

そんな時に豊田さんの話をさせてもらいます。
「なぜ断るのかと悩むより、どうしたら断われなくなるだろうかと考えたほうが、
解決する方法が見えてくると思うわよ」と。
今まで相手のせいにしていた自分を、今度は自分はどうするかと、考えることになります。

結婚相談所は、ただ結婚相手を見つける場だけではなく、
自身を高める場でもあると思います。


10月7日 プロポーズしたのに!?

最近とても残念なことがありました。

男性会員さんですが、女性と交際が進んでいく中で、
結婚をしようと腹が決まり、お相手にプロポーズし、
承諾を得たと、大変喜んでおりました。

担当者の私も、「良かった、良かった」と喜んでおりましたが、
「ちょっと待っていただきたい」と、女性の担当者から連絡がありました。
理由を伺うと、具体的なこれから先のことを、
男性がなかなか決められないというのです。
結婚しても、こんなに優柔不断では先が不安だということでした。
結局、成婚は白紙になりました。

結婚は、自分の意思が最重要であるのに違いがありませんが、
若いと言う事は、人生の経験も乏しいです。
さらに未熟な面もある事は否定できないと思います。
今回はそれを受け入れなかったことになるのでしょう。

男性会員さんは、このことで、一度はへこんでおりましたが、
今は気持ちを切り替えて、頑張っています。


10月1日 成婚おめでとうございます。

今日、女性会員様が成婚され、ご挨拶に見えました。
ここまでたどり着くには時間がかりましたが、
やっとつかんだ幸せに、心からおめでとう!

彼女はお母様と一緒に面談に来られましたが、
最初は、しぶしぶといった様子でした。
大手企業に勤務し、経済的にも恵まれ、
好きな仕事でもあったので、彼女は結婚をあまり望んではいなかったのです。
ただ、一人っ子の為、親御さんには孫の顔を見せたい気持ちもありましたので、
いろいろ悩んだ末入会されました。
彼女は、小さいころから一生懸命勉強し、大学入学、
そして大手企業に就職するなど努力家でもありますが、
おしゃれには興味がなかったようでした。
女性らしい言葉やしぐさは、ちょっと苦手な部分でもあり、
お見合いや、交際では、「ご縁がなかったです」とよくお断りされました。
でも彼女はくじけませんでした。
一度決めた以上は最後までやり通す、芯の強さを持っておりました。
それは周りから見ても、本当に見事でした。
そして時間はかかりましたが、今回縁あって、素敵な方と成婚になりました。
彼女からは、たくさんのことを学んだ気がします。


8月25日 お見合いは苦手!

お見合いは苦手、交際をしたこともない、お相手と何を話したらよいかわからない、
こういった声を聴くことがあります。
職場では、パソコンを使っての仕事が増えてきたので、“一日誰とも話さない日がある”、
こんな方は珍しくなくなったようです。
結婚相談所は、お見合いの時に話さなければなりません。
交際になったらなったで、会話をする機会が多くなります。
ご自分の結婚に対する考え方や、お相手の状況もお伺いしなければなりません。
そんなことを考えていたら、とてもとてもお見合いだなんて!と、
思っている方がいらっしゃるかもしれません。

自分の考えを言葉にするには、とても勇気が必要かもしれません。
たとえお見合いでなくても、社会生活をするうえでも、言葉として出す力が必要です。
自分の考えを言葉にしなければ、お相手にも通じません。
お相手には、自分の思いを理解しても頂けません。
黙っていたら何も始まりません。
勇気を出すことによって、新しい自分に出会え、
視野の広がりがあるかもしれません。
勇気を出して言葉を発することにより、
友達を励ますこともできます。
お見合いの時に冷や汗をかきながら話す姿は、
誠実さが溢れていて、とても素敵な光景です。


8月20日 熟年成婚、これからうんと幸せに!

再婚の60歳代の女性が、初婚の男性と結婚。

今まで苦労をされてきた母親を思って、娘さんが当相談所に尋ねてきました。
既婚者の娘さんは、母親にも幸せになってもらいたいと。
親の再婚に反対する子供たちも多いのに、親思いの優しい娘さんでした。
決して美人ではありませんが、
女性らしいしぐさをするお母様にお会いしたのは、そのすぐ後でした。

お母様であるその女性は、何度かお見合いをし、複数の方と交際にもなりましたが、
その結果、なんと理想に近い方と成婚になりました。
お相手の男性は初婚の方でしたので、家族を持つことが夢だったようで、
結婚が決まった女性の方にも、娘さん家族の方にもどんどん関わっていき、
夫として、父親として、祖父として早々と打ち解けているようでした。


8月17日 成婚おめでとう!

30歳代の女性(会社員)と、同年代の男性(公務員)の方が、
やっと成婚になりました。
やっとと言いましたのは、男性のプロポーズに対して、
女性はその時は良いお返事をしながらも、
自宅に帰ってくると、この先本当にこの方で良いのかしら?と、考えるようになり、
「もう少し話し合ってから」、「もう少しお相手を知ってから」と、
男性に待っていただいたことです。
その繰り返しが何度かあり、そのたびに男性は話し合いに応じてくれました。
結婚に対して、理由のない不安に駆られるのは、どなたでもありますが、
一旦は「お受けします」といった以上、その言葉に責任を持って欲しいと思いました。
それにしても男性の懐に深さに感心しました。
きっと幸せな家庭を築く事でしょう。
おめでとうございます!


6月24日 嘘でもいいから

人は嬉しい時に自然に笑顔になりますが、

作り笑顔でも嬉しくなる、心身の仕組みがあるようです。

以前テレビでも見たことがありますが、ただ、ゲラゲラ笑う人たちがいて、

その人にインタビューすると、

最初は楽しくない場合でも笑っているうちに楽しくなってくるそうです。

また、顔に限らず、骨格筋の収縮によっても、

人の気持ちに変化が現れるようです。

骨格筋の収縮で思い出したのですが、

初めて結婚の相談に見えた方のことです。

下を向いてぼそぼそ話す男性に、お話したことがあります。

「貴方のように自信のない態度に、女性はこの人についていこうと思うかしらね?」と。

「いろいろ考えず、とにかく背筋を伸ばし、前を向いて堂々と自信をもってください、

全てが前向きになりますよ」と。

その男性会員様は、実行に移してくれました。

素敵な方と結婚されました。


6月21日 雨の日に!

梅雨入り宣言をしてから、今までまともな雨が降りませんでしたが、

今日は久しぶりに本降りです。

朝の日課になっている花壇の水やりも今日はお休みで、

庭に植えてある草木たちは、雨のお蔭で濃い緑色をしています。

水滴のついた窓越しに見える外の風景も良いものですね。

今週末には2人の男性会員さんが、

交際相手の女性にプロポーズする予定になっております。

「思い出に残るような場所で、心を込めてプロポーズをするように」と、

アドバイスをさせて頂きましたが、上手くいくかなぁ~!?と、

外の景気を見ながらぼんやり考えておりました。


カテゴリー

アーカイブ