*

11月16日 あなたのための時間はいくらでもありますよ

今は亡き俳優の児玉清さんについてある作家が、
児玉さんとの対談の時の様子を次のように書いてありました。(新聞記事)。

特に印象的だったのは、多忙なはずの児玉さんがかもし出す「あなたのための時間はいくらでもありますよ」という雰囲気だ。
人と会っていても時間や他のことが気になってしまうことがある。
そうした気持ちは相手に伝わるもの。

時間に限りがあるからこそ、目の前の1人を大切にしたいものです。

お見合いでも、相手を知ろうとする気持ちが大切。
見た目や少しの時間で、もう結論を出す方が多いと思います。
あなたを知りたい、私を知ってほしい、その気持ちがお互いに好感度アップにつながるのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

アーカイブ