*

4月23日 タンポポ

タンポポがこんなに群衆しているのも珍しいと思って、ついスマホで。

古くからヨーロッパではタンポポの綿毛で恋占いをしていたそうです。
「好き、嫌い、すき・・・」と、唱えながら綿毛を抜いて、最後の綿毛がどちらかという占いだそうです。
また、一息ですべての綿毛を飛ばすことができれば「情熱的に愛されている」、
少し残れば「心離れの気配がある」、
たくさん残れば「相手はあなたに無関心」だそうですよ。

深刻になることは無いですが、楽しい占いですね。


4月22日 本屋大賞

全国の書店員が投票で選ぶ2019年本屋大賞が9日発表され、
大賞は瀬尾まいこさんの、「そしてバトンは渡された」に決まりました。
幼い頃に実の母を亡くした後、様々な親たちに育てられた17歳の女子高校生を主人公に、
新しい家族の愛の形を描く物語だそうで、さっそく購入しました。

私達仲人は、一生の伴侶を決める大事な大事な仕事に携わっています。
一人一人の家族の形態は、一つとして同じものはありません。
その意味においても、この本は興味がありました。
感想は後ほど。


4月18日 ご説明後すぐ登録

新規の方で無料相談に、「藤が丘事務所」に来て下さいました。
過去に他の相談所に登録されていたようで、大まかな様子はご存知でした。
ただそこの相談所では良い方と出会えなかったようで、「川崎生田相談室」も同じでは?と、半ば諦めムードでいらしたようですが、登録に必要な書類は全て準備をしていらっしゃいました。
そうです。その方は決して諦めてはいなかったのです。

他で決められなかった方こそ、気持ちを挙げて頂く役目が仲人の仕事であり、結果を出す喜びもあります。

ご一緒に頑張りましょう!!と、誓い合いました。


4月17日 誕生日

この辺の桜の満開も過ぎ、今はゴールデンウィークを前にして少し、静かな気分になっています。

文豪山本周五郎は、「人生の冬、自然の冬」と題するエッセイに、
「自然に春夏秋冬の四季があるように人生にも厳冬を耐え忍ぶ日々があれば、
陽光に包まれた暖かな春の時もある」と。
また文豪は「転んでも転んでも起き上がってゆく人を見ると、こちらまで勇気づけられる」
と記していました。

結婚相談所を始めて21年になりました。
50歳代で始めてもう70歳代。
今日は誕生日です。

私の人生にも冬がありました。
でも今は、家族や友人に守られ支えられて、暖かい春の時を迎えています。
会員様にも感謝です。

今度は私からの恩返しです。
人を勇気づけられる、そんな人になりたいと思っています。


4月16日 天皇、皇后両陛下の結婚60年

新聞からスマホで写真を撮りましたが、
2人はにこやかで、心が和みます。

天皇、皇后両陛下は、4月10日に結婚60年を迎えました。
我が家でも、60年前のこの日に合わせて親がテレビを購入し、家族やご近所の方と
一緒にパレードを観たものです。

皇后様は民間人から皇族に初めて嫁いだ方ですから、
どれだけのご苦労があったことか、到底知る由もございません。
以前天皇が皇后様のことを「努力賞」を差し上げるとお話になり話題になりましたが、
今回は「感謝状」を差し上げると話されました。

結婚相談所に登録している会員様がお見合いや交際時に良く使う言葉に、
「価値観が違う」「家柄が違う」「育った環境が違う」ので、
「ご縁がありませんでした」とお相手との結婚を辞めることが多くあります。
仲人としては、お人柄がよかったら、相性が合ったら、たとえ価値観や、家柄や育った環境が違っても、
乗り越えることができると思うのです。
それにはお互いに寄り添い、譲り合い、理解し合う努力は必要ですが、
それを乗り越えた方が、幸せな結婚人生が送れると思っています。

天皇、皇后両陛下の例を掲げて大変恐縮ですが、
お二人は様々な難や抽象に打ち勝っていらしたであろうとお察ししながら、
清々しいお姿は神々しくさえ思えます。


4月15日 お札変更

2024年には、お札が変更になる事が発表されました。
写真は、新聞に掲載されていたものです。

新たな10,000円札の肖像には渋沢栄一氏。
日本の資本主義の父と称され、企業に公益性や道徳を備えよと説いた近代の実業家だそうです。

5000円札は、津田梅子様。
女子教育に尽くし、津田塾大を創設した方で、NHKの朝ドラを観た方も多いと思います。

1000円札は、北里柴三郎氏。
血清医療に身を捧げ、たくさんの命を救った方です。

私個人としては、津田梅子様と、北里柴三郎様しか存じ上げないので、
やっぱり10,000円には縁がないのだと思いました。


4月14日 ブラックホールの撮影に初めて成功 

読売新聞に載っていた写真を、スマホで撮ったので不鮮明になっています。

国立天文台など世界約80の研究機関による国際チームは10日、
ブラックホールの撮影に初めて成功したと発表しました。

ブラックホールは、物理学者アインシュタインの一般相対性理論をもとに、
約100年前に予言された天体だそうですが、
私など、教科書でしか知らない、あの舌をペロッと出している写真のアインシュタインが、
100年も前に予言したとは驚きです。
日本の元号でいうと大正時代になるのでしょうか?

100年前は、戦争があり、食料が不足し、子だくさんの時代ですから、
子供が妹や弟をおんぶしている姿があったのではないでしょうか?
着物を着ていた方が殆どだったのではないかと思います。
そのような時代に・・・・。

ブラックホールの存在がどんなものか、それを撮影できたことがどれほどすごいことかは、
素人の私には到底知ることはできませんが、
アインシュタインはすごい!!と思いました。

無理やりに、こじつけているようですが、
いまや100年の時代です。
医学が発達し、科学が発達し、いろいろ解明されている中で、
最も身近な人の心は、本当にわかりにくい。

今朝、考えたことが、その日の夜には変わっている。
昨日までラブラブだった人が、今日は別離。

人の心は解明できないのでしょうね。


4月13日 お見合い

13,14日の土日は、お見合いがなんと!!、14組行われます。
今日のような晴天の日のように、晴れやかな結果に繋がるよう
応援しています。


4月12日 満開の花木

昨日は1名の方、今日は2名の新規の方の無料の面談がありました。
皆さん、結婚に向けて真剣に考えている方ばかりです。
季節も春になりました。
各地で花が咲き、木々が生き生きとしてきました。
小田急線生田駅が最寄り駅になっています、当方「川崎生田相談室」は、
新規の方を生田駅までお迎えに参りました。
その途中に咲いていた花木です。
きっと桃の木だと思うのですが。
毎年この時期になると咲くのですが、満開になっておりました。


4月11日 成婚ばんざい!!

当川崎生田相談室の女性会員さんから、成婚の連絡がありました。
私もこの女性については格別嬉しいです。
というのは、かれこれ登録してから6年になる会員さんでしたから。
勿論、交際していても先方からお断りされたり、こちらからお断りしたりで、
なかなか出会うことがありませんでした。

でもご縁ってやっぱりあるんですね。

もし婚活の途中でもうダメだと思ったら今回のような出会いはなかったかもしれませ
ん。
見えない先の不安もあったことでしょう。
よくぞ付いてきてくれたと感謝さえ感じます。

おめでとうございます!!


カテゴリー

アーカイブ