*

婚活は、楽しいものに!

ある人がギターでも習おうかと思い、先生に付いて熱心に練習を重ねていたそうですが、
練習しても練習しても、指が思うように動かず、ついイライラしてしまう事があったようです。

初めから上手く弾ける事はないにしても、自分の不甲斐さに、情けなく思い、
やはり無理かと諦めかけた時、ある音楽家が助言してくれたそうです。

楽器を早く弾きたくなりたいと思うなら、とにかくゆっくり弾くことですと。
そして、曲が早いか遅いかは表現の違いで本質的には同じ音です。
遅すぎると感じる位のテンポで正確に音を出し少しずつ早めていくのが良いと。
更に、「どんなにゆっくりでも、音楽は楽しいもの。その過程で、自然に指が覚え、耳も育っていきますよ」と言われ、
音を楽しみながら弾く事になったようです。
そうする事により、驚くほど上達したという。

人は誰でも、掲げた目標を一足飛びに達成できたらと良いのにと思いがちだが、
苦労なくてできてしまえば、成長は望めまないと思いますね。
容易でない課題に向き合い、全力で葛藤し、一つ一つ乗り越えていく中で、少しずつ自分が変わっていくものです。

ある哲学者が仰っておりました。
「昨日の自分より今日の自分を、今日の自分より明日の自分が、一歩でも高めようと挑戦していく中に、人との道があると。」
あせらず一歩一歩踏み出しながら自分らしい人生を送っていきたいものです。

昨日、ある方からお電話がありました。
結婚適齢期の息子さんを持つ、親御様からの連絡でした。
息子さんは、長年、他の相談所で婚活をし、約60名近い方とお見合いをしたそうです。
もちろん全てこちら側が断ったわけでは無いですが、それでもなかなか決まらず、
ご本人は、もう投げ出したようでした。

親御さんが「また頑張ろう」と、何度声をかけても、もう耳をかさない状況にあるそうです。

結婚カウンセラーの栗橋は、ちょうどその年代のお子さんを持つ母親の年齢と近いものですから、
親御さんの気持ちがよーくわかります。
また私にも子供がいますので、このお子さんの気持ちもわかるような気がしました。
まして息子さんは男性ですから、自分の気持ちを素直に親に伝える事はなかなかできないし、気恥かしいと思います。
親御さんも婚活をしてこなかったわけではない息子さんに対して、どう接して良いのかわからないでいるのだと思います。

今までもそんな例がありましたが、親御さんに話せないこと、
または自分の気持ち、感情などはカウンセラーの栗橋には言えることもあります。
それは他人だからだと思います。

そんな気持ちもあって、お母様にお伝えしました。
「私のところの相談所は、相談しに来たから、その後必ず登録しなければならない、なんて事は、一切ありません。
私で良かったらいつでもその気持ちを打ち明けてください。息子さんに遊びにいらしてください」と。
更に「相談する事で、息子さんの気持ちが楽になったり、この先の方向性が見えたりしたら、私も嬉しい」と、お話しさせていただきました。

今までのカウンセラーとしての経験で、いろいろな方を見てきましたし、
いろいろなケースもたくさんありますので、きっと参考になるようなお話ができると思います。

婚活とは、楽しいもの、そう願っております。


「ギブ&テイク」で、交際順調に。

相手に何かを与え、何かをもらう「ギブ&テイク」。
このやり方で人は3パターンに分かれるそうです。
人に惜しみなく与える「ギバー」、真っ先に自分の利益を優先させる「テイカー」、
損得のバランスを考える「マッチャー」があるそうです。

ギバーは、損をするように見えるが、そうでは無い。
人のために尽くす姿勢が信頼され、長い目で見ると1番成功し、幸せになる。
「ギブ&テイク」ではなく、「ギブ&ギブン」〔与えて与えられる〕になるのだそうです。

結婚相談所で交際している中でいろいろ問題が生じます。
男性が何回かご馳走しても、平気でお礼も言わないでいる女性。
男性が女性にご馳走するのは、当たり前と思っているのでしょうか?
交際といっても恋愛のような気持ちはお見合いの場合まだまだです。
これから、何回も何回もお会いしてお互いを知り、好感を持ち、
恋愛に発展していくものですから、礼儀を忘れてはなりません。
お相手を思う気持ち、感謝の気持ちがあって欲しいものです。
「テイカー」にはならないように。

逆に男性側も、交際中はご馳走をしてあげるお気持ちがあった方がスムーズに行く場合があります。
女性は、人を愛する気持ちよりも、人から愛されたいと思う人が多いと思います。
自分は愛されているかどうかを測るのは、何で測るかというと、言葉や態度も勿論大事ですが、
お給料の中から何とか工面してご馳走してくれる姿は、感動するものです。
高級料理を食べなくても良いと思います。
その気持ちが心を動かすのだと思います。「ギブ&ギブン」になるかも?。
男性としては、ちょっとキツイかな?
無難に「ギブ&テイク」でしょうか?


成婚という実りは、1回1回の地道な活動の賜物になります。

人気番組、「笑点」の「チャッチャカチャカチャカ チャッチャッチャー」と、いつもの音楽が聞こえてくると、
なんとなく顔の頬が緩んでしまいます。
この番組は、放送開始からなんと53年も続いているそうですが、
日曜日の夕方にもなると、この笑点を楽しみにしている人も多いようで、私もその1人です。

作家の遠田氏は、この番組の人気の理由の1つに、「大いなるマンネリ」であるといっているそうです。
番組の形式はさほど昔と変わってはいないと思いますが、カツラや、座布団を使って、
今の話題に関するお題を出して、笑いを取っています。
新しいものを取り入れながら、大事なところは昔からずっと変わっていないように思います。
座布団係の赤い着物姿の山田くんは、「山田く~ん!座布団1枚持ってきて!。座布団1枚は持っていって!」は、
ただそれだけの役目で、昔も今も変わらないスタイルですが、何故か飽きはこないものです。

結婚相談所を20年以上やっていますが、お相手を探すのには、基本的には変わりはありません。
お相手のプロフィールを見るのに、昔は写真集のように閉ざされたプロフィールではなく、
今やパソコンやスマホを使ったものに変わってはいるものの、
お相手を選び、お見合い、交際などの流れは昔と全く変わりません。
その中で繰り返し繰り返し行う事で結婚の道にたどりつくことができます。
同じようなことを何度も何度も行っていくと、時には「これでいいのだろうか」とか、
「こんなことよりも何か他の方法は無いだろうか」とか、すぐ結果を求めてしまうのもわかりますが、
その地道な活動こそが最も大事だと思います。
種をまいても、芽が出るとは限りませんが、だがまかなければ何も始まりません。
実りの時が必ず来ると信じ、一人一人の心に種をまいていきたいと思います。


お見合いなので、お相手をもっと知ろうとする努力が大事

昨夜と本日、2人の女性から相談がありました。
2人とも同じような内容で、交際している人に対して、なかなか自分が積極的になれないこと、
また先方からも連絡が滞っているようで、何となく心が覚めてしまった事の相談でした。
これからどう進めていったら良いのか、決め手は無いそうです。

結婚相談所の場合お見合いですから、プロフィールを見て条件が合った人とお見合いをし、
お見合いではお人柄を確認し、その上でお互いがお付き合いを希望されたら交際になります。
その後何回かお会いしたものの、心が動かないということでしょう。

お互いに興味があれば、一緒にいて話が尽きない、楽しいとなるのですが。
お相手への興味、例えばお休みの時の過ごし方、趣味や嗜好など出来る限りのことを知ろうとすることが大事です。
お相手は、自分のことを聞いて欲しいのです。
ご自身のことももっと知ろうとしてもらいたいはずです。

お互いを知ろうとして話を進めていく中で、例えば小さいときの趣味が一緒だったとか、
好きだった俳優さんや、歌手の方が同じだったとか、お互いの共通の話題があれば、自然と交際も発展していきます。

そんな話をさせていただきました。
皆さんはどう思いますか?
何か案がありましたらご一報ください。


きらきら通信 第98号発行

きらきら通信を発行して、98回目になりました。

会員様に良い情報をお伝えしたり、参考になるようなことを書かせていただいております。
仲人としてもたくさん勉強しなければならないことがありますので、そこで得た情報、
例えば会員様の写真について、または服装について、またはお見合い等の態度についてなど、
会員様にとって何か1つでも得るものがあればと思って発行を続けております。

そして最後には、会員様一人ひとりに対してのアドバイスや激励、
また情報など、担当者としての思いを個別に書いております。

63名全員の会員様とは、しょっちゅうお会いする事はなかなかできませんので、
この通信は、ずっと続けたいと思っております。

会員様の中には、第〇〇号にはこんなことが書いてありましたが、その後どうされましたか?など、
昔のことを連絡いただくことがあり、慌てて前のきらきら通信を読み返えし、お答えすることもありました〔笑〕。

また有難いことに、毎回毎回のきらきら通信を綴ってくださっているようで、
婚活に対して前向きな気持ちが失せた時など、読み返しをしていると、ご連絡をいただいたこともありました。

当然のことながら、お見合いや交際で一喜一憂することが多くあります。
いつも順風満帆とは限らないです。
そんな時に、きらきら通信で勇気が出たり、前向きな気持ちになっていただくことが、私の最高の喜びです。


大型台風の爪痕

大型台風19号が去りましたが、爪痕は大きなものでした。
このブログを見ていただいております皆様はいかがだったでしょうか?

当川崎生田相談室の近くでは、多摩川が決壊しました。
事務所からは多摩川が、少し離れていますので、被害には合いませんでしたが
会員様の中には、多摩川の近くにお住まいの方がいらっしゃいますので、心配で連絡をさせていただきました。
中には避難した方が何人もいらっしゃいました。
停電になった方、屋根の瓦が数枚飛んだことなどの被害に遭われました。
ただ、幸いなことに、皆さんご無事でしたし、ご自宅も浸水した方はいらっしゃいませんでした。
浸水ギリギリセーフの方も何人かいらっしゃいました。
小さい頃から多摩川のお近くにお住まいの方からは、こんな状況は初めてだと伺いました。

お見合いも、10月12日と13日のお見合いはすべて延期とさせていただきました。
早めの対策をとって良かったと思っております。


人は外観だけでは判断できないとは知っていますが、実際には人を見か けで判断している場合が多いのです

当川崎生田相談室では、毎週土日になると、お見合いが15組前後行われます。

場所の多くは、新宿、渋谷、横浜、新橋、浦和、東京、品川、日比谷、川崎、表参道、
近くは新百合ヶ丘、新横浜、二子玉川、町田などで行われます。

会員様も頑張っていらっしゃいます。
中には午前と午後に、更に夜のお見合いと、一日3名の方にお会いする方もいらっしゃいます。
特にシフト制のお仕事の方は、なかなか土日がお休みがないので、
お休みが合った日に数名の方とお見合いになります。
帰宅したら、「へとへとです」と連絡を頂きますが、その中で交際になったら疲れも吹き飛びます。
こんなお見合いが組めるのは、結婚相談所だからです。

お見合いでの初対面での印象は、とても重要で、第一印象のイメージは、なかなか変わらないものです。
第一印象で、「好きなタイプ」「嫌いなタイプ」と分けることは無意識に行っていることです。
第一印象が悪ければ次にお会いすることはありません。
だからこそ初対面で好印象を与えることが特に重要です。
第一印象は、態度や話し方だけで決まるわけではなく、見た目も大きく影響します。
人は外観だけでは判断できないとは知っていますが、実際には人を見かけで判断している場合が多いのです。

また事前にお相手の情報を知っておくこと、またお相手にご自分の情報を知らせておくことで話がスムーズにいきます。
プロフィールの情報を充分知っておくことです。
「旅行が好きなのですね、印象が残っていることは何ですか?」
「お勧めのところはどこですか?」など。
まして共通の話題があれば二人の距離を縮めることが出来ます。

特に男性は、ご自分のマイナス面を話す方が結構いらっしゃいます。
マイナス面を話す場合は、プラス面も一緒に話すようにしましょう。
例えば、「収入は少ないけれど、安定しています。将来性のある仕事なのでやりがいがあります」などです。

お相手が話すことに対して共感も必要です。
「私も同感です」「奇遇ですね~、私もそうなんです」など、共通点があれば共感することも重要です。
共通点は、出身地、出身校、趣味、食事など何でも構いません。

初対面の話題は、当たり障りがない食べ物の話などが無難ですね。
好きな食べ物や、美味しいお店などはいかがでしょう。
食べ物以外の話では、テレビ、映画、音楽、スポーツに関する話も、共通点を見つけやすい話題といえましょう。
にわかラクビ―ファンでも良いですね。


お見合いでも万全の準備を

5日、ラグビーのワールドカップでサモアと戦った日本は勝利しましたが、すごい戦いで感動しました。
そして元日本代表の選手だった方が語っていたのが印象的でした。

試合に至るまでの様々な努力はもちろんの事、他にもたくさんの事を学んでいるそうです。
例えば、日本代表31名のうち、15名が外国選手だそうですから、
日本のこと、ある時は現地に行って日本の歴史を知り、日本の精神を学び合うのだそうです。

ミーティングの場所には必ず甲冑が置いてあるそうです。
また日本代表はもちろんの事、代表になっていない選手の一人一人にも、日本刀が渡されていて、
そこには選手の名前と「ONE TEAM」が書いてあるそうです。

その中でも驚いたのは、日本のユニホームのことです。
赤と白のシマのユニホームは有名ですが、それにも一工夫あるようです。

ポジションによってユニホームが違うというのです。
詳しいことは、にわかラクビ―ファンなので、わからないのですが、トライする選手には、相手チームにユニホームをつかまれても、ユニホームが滑りやすいように作られているために、掴まれないようになっているそうです。

また、相手チームとガッチリと組む場合は、日本代表選手同士がしっかりとユニホームが捕まえられるように、しっかりした生地が使用されているそうです。
ポジションによって一見同じように見えるユニホームでも違っているのだそうです。

お見合いでのことを思い出しました。
一人一人1回1回のお見合いで、どれだけお相手のことを知っていこうとするかによって大きく違うように思います。
まずは、お見合いの前に、お相手のプロフィールをしっかり見てお見合いに臨むかどうかです。
共通点はあるかどうか、家族構成はどうか、自己PRで、お相手の様子など知っておくことが大事です。
充分な知識を基にして、プロフィールには書いていないことをお見合いでしっかり確認することです。
話下手とか、話が盛り上がらなかったなどないと思います。
真剣だからこそ、前もってお相手のことを充分知ったうえで、お見合いに臨む、下準備を忘れてはいけないと思います。


男と女の心理学

昨日は町田市民センターで、日本仲人連盟の定例会がありました。
東京都立大学大学院博士課程修了。心理学専攻。文学博士。
その著書である渋谷昌三氏の「男と女の心理学」という本を題材にいろいろ勉強しました。

「男らしさ、女らしさとは?について」

人を評価するときに「男らしい」とか「女らしい」という表現を使います。
一般的に「強い、逞しい」などのイメージが男らしさ、
「優しい、おしとやか」などのイメージが女らしさとされています。
しかし、人の求める男らしさ、女らしさと必ずしも一致するわけではないということを知っておく必要もあります。
自分が男らしいと思っている言動や考え方も、相手の女性がそう思わない場合もあるということを覚えておきましょう。
女性も同じことが言えると思います。

女性の美人は得をする。

外見の良し悪しと、その人が人間的に優れているかどうかは別問題ですが、美人の方が得をするのは事実です。
容姿端麗といった身体的な魅力があると、性格も良く、能力があり、優れているとみなされやすいです。
人は何か1つでも際立った特徴があると、その特徴を基にしてその人の全体を評価する傾向があります。
1組が美人、1組が普通女性の二組のカップルで実験したところ、
それぞれの男性にお互いを評価してもらったところ、美人を連れてきた男性の方が高く評価されたそうです。
男性は美人と一緒にいることで他人から高く評価されました。

確かに街を歩いていて、素敵な女性のそばにいる男性を見た時に、
「きっと社会的に有力な人なのかな?とか、お金持ちなのかな?とか」
一緒にいる女性の容姿を見て男性を判断することがあります。

私の所に登録している男性の会員様に、かわいい女性を紹介したところ、
その男性から「私はかわいい女性より美人の女性が好きだ」と言われたことがあります。
人によって好みの女性が違うことを改めて認識した覚えがあります。

今はお化粧の仕方やメイクで随分印象が変わる時代になりました。
いろいろな小道具もたくさん出ております。
ちょっとした工夫で女性は見違えるような、素敵な方に変わることがあります。

内面はもちろん大事ですが、やはりそういった努力も必要になっているのではないでしょうか。


良縁ネット定例会&プロフィール交換会

昨日、横浜市技能文化会館で、良縁ネットの定例会がありましたので、参加して参りました。
横浜市営地下鉄のブルーラインに乗って、『伊勢佐木長者町駅」で下車、徒歩3分のところに会場はあります。

1 新取締役のご挨拶
2 システムの案内
3 ルールの変更
4 セミナー

それに続いて、会員様のプロフィール交換会になります。

各々の相談所の仲人さんたちが、ご自分のところに入会された会員様の条件などに合った方を見つけては、
ご紹介していくやり方です。
ネットで検索をする時代ではありますが、それだけではなく、仲人自ら足を運んでお相手を探す、
そしてご自分の会員様に紹介をするといった原始的なやり方ですが、それが仲人の基本ではないかと思っています。
昨日は11名の会員様をご紹介できましたが、その結果会員様がどうされるか、
お見合いを希望されるか、お断りをするか、双方の意向が合わなければお会いすることはできません。
この一つ一つの作業がとっても大事です。


カテゴリー

アーカイブ