*

日本ブライダル連盟の定例会での勉強会

ご存知でしょうか。
日本には物理的に結婚できない男性が300万人もいます。

2015年の国勢調査によれば、未婚男性と未婚女性の人口差は、全年齢合計で約340万人となっています。

20~50代に限定しても約300万人、未婚男性が多いのです。

日本全国の未婚女性がすべて結婚したとしても、300万人の未婚男性には相手がいないことになるというのです。

この原因は、出生時の男女の比率によります。
明治時代からの統計を見ても、ほぼ出生時男女比は1.05で、男児の方が多く生まれます。

1年間5%ずつ男が多く生まれ、それが40~50年継続され、このような差になって現れているのです。

かつては男児の死亡率も高かったので男女比はほぼ同数に落ち着いていたのですが、
医療の発達によって死亡率が下がり、結果として「男余り」の状況になったと考えられます。
しかも現在では、40~50代の男余りが激増しており、2015年には40~50代の男余り数が20~30代を逆転しています。

かつて余っていたのは若い男性だったのに対して、今余っているのはおじさんばかりになったということです。
一方離別死別を見ると逆に20~50代で113万人の女性が余っています。
300万人の未婚男性余りに対して、113万人の女性が余っているのですから、
ここがカップリングできれば男性の未婚者の3分の1はお相手が見つかる計算になります。

しかしこれも簡単ではありません。
離婚した女性は、未婚男性とではなく、同じように離婚した男性と再婚するパターンが多いのです。

一方離婚した男性は未婚女性と結婚するケースが多いようです。

ここでは、恋愛力の高い3割の恋愛強者が結婚と離婚を繰り返す「時間差一夫多妻制」が起こっているのです。

この事実を見る限り、成婚に向けてのキーポイントは、恋愛強者を作り上げることだと言えそうです。

もともと、多くの日本人男性は受け身であり、女性の容姿を重視する割合も高いことから、
男性本人任せで成婚が増えるはずがありません。

1980年代の、ある年齢に達したら結婚していることが当たり前だった時代では、
職場での出会いや、面倒見の良い方が世話をするお見合いがあったから多くが結婚できていました。
現在ではアプリやネット婚活が盛況ですが、こうした人的なサポートのないこれらの婚活では、
実際に成婚に至る事は非常に難しいと言えるのではないでしょうか。

日本ブライダル連盟には、面倒見の良い方すなわち仲人が、
年収や容姿といったわかりやすい情報だけに頼らず、性格や内面も重視しています。

**私達仲人の使命を増々痛感した次第です。**


3組に1組は離婚しているといわれている時代です。

ある調査ですが、一般的な結婚までの平均交際期間は4年半だそうです。
そうなると33歳の時に出会いがあっても、結婚するまでは37歳になります。
結婚相談所の交際期間は、特別な場合を除いては3ヶ月です。
そこから婚約(成婚)して、皆さん1年~1年半で結婚をしておりますので、一般的な場合よりもグーンと短いことになります。
結婚相談所は最初から、結婚のお相手を見つけるために活動をする機関ですから、その分目標が同じなので早いのです。

昨日と今日、離婚経験のある方が成婚になりました。
おめでとうございます!
最初の面談の時は、不安な気持ちいっぱいのご様子でした。
失敗を繰り返したくない、または、離婚に対して引け目を感じていらっしゃいました。
今や若くても熟年でも離婚することは珍しいことではなく、
3組に1組は離婚しているといわれている時代です。
離婚する方もいろいろ事情があり、苦しんで悩んでそして辛い選択をしたのです。
いずれにしても、それがその時のあなたにとって一番良い方法であったと思います。

今回のお二人の成婚の方には、お子さんがいらっしゃいました。
それが思っていたほど大変ではありませんでした。
お相手にお子さんがいても「大丈夫です」と言ってくださる方は結構いらっしゃるのです。
また離婚歴のある方のほうが、女性とは男性とはを、ある程度理解していますので、
『いろいろあってもお互い様』と思えるのだと思います。
婚活するには、この気持ちが一番大事ではないでしょうか?
離婚経験者の婚活や結婚は、初婚の方と同じくらい当たり前になってきています。
もし離婚経験者の方で、このまま一人では?と思っている方や、
今の状況から自分を変えたいと考えている方が、少しでも新しい環境を求めているのでしたら、
再婚相手を見つける方法は、結婚相談所で婚活をすることだと自信を持って言えます。

結婚相談所では離婚・再婚に対する価値観が合った相手を紹介してくれますし、
一人で悩みを抱えるより効率的で、断然新しい幸せを見つけられる可能性が高いです。
現に今回は2組の離婚歴のある方の成婚ですし、過去にも多くの離婚歴のある方が成婚しております。
新たな幸せへの一歩を踏み出す勇気があるかないかで、これからの人生が大きく変わります。
いろいろ何日も何か月も何年も考えても、行動を始めなければ変わらないのです。

あなたに合った方法で、結婚相談所の仲人と一緒に協力し合い、幸せを掴みましょう。


成婚率や成婚出来る期間は、結婚相談所担当者と会員さんの総合力によるもの

婚相談所にご相談で来られる多くの人から成婚率は何%ですか?と良く聞かれることがありますが、
それと同時にどのくらいの期間で、成婚されている方が多いのですか?ということも尋ねられます。
成婚率や成婚出来る期間は、結婚相談所担当者と会員さんの総合力によるものだと思っております。

私達結婚相談所側も、会員さんが活動しやすいように心掛けておりますが、
会員さんが、婚活に対する情熱が乏しいと、結果はついてこないと思います。
お見合い後交際になった場合、連絡先の交換から始まり交際そして婚約まで発展していきます。
ただ交際になるとどうゆう訳か連絡が遅いとか、返信がなかなか来ないとか、
そうなるとお会いできないでいます。
この人は本当に結婚がしたいのかとさえ思ってしまいます。
またお会いする日が既に決まっているので、その間1週間先でも10日先でも決まっているからいいんじゃない?
と思い、全く連絡をしない方もいらっしゃいます。
本当に他愛もない話で良いので、「今、何しているの?」。
「今日は寒かった(暑かった)けど、どう過ごしていたの?」そんな会話でも大丈夫です。
お相手とコミュニケーションを取り合わないと、気持ちが下がってきます。情もわきません。
いろいろ事情はあると思いますが、一日の内の数分で良いのです。
貴方のことは忘れていませんよといった、メッセージが大事になります。
返信が遅い人は、損をしているように思います。
昔のように固定電話しかない時代ではありません。
携帯電話のある時代ですから、たとえすぐ電話に出られなくても、折り返し電話ができる状況にあります。
メールもあります。連絡が早いとお会いする機会も多く、どんどん決まっていきます。

梅雨の季節、雨が続いてうっとうしいものですが、悪いイメージばかりではありません。
ミュージカル映画「雨に唄えば」の中で主人公が、土砂降りの雨の中、
歌とダンスで華麗に披露しているシーンは印象的でしたね。
雨が降って服も靴も濡れるし、傘も邪魔ではありますが、
人は心の持ちようで、楽しくなるといったメッセージにも取れます。

梅雨の時期、猛暑に比べたらお出かけ易いと思います。
女性の髪も雨で、でれでれになっていると思いますが、それもまた魅力的です。
「雨に唄えば」を口ずさみながら、交際中の方に連絡してみましょう。
きっと次のデートが決まると思います。


日本仲人連盟の定例会が、町田で。

昨日、日本仲人連盟の定例会が町田市民センターで行われました。

消費者庁から広告についての通達が全企業宛にあったようで、その勉強会です。
確かに世の中には、紛らわしい広告がありますね。
特に健康食品は、確かなデータに基づいたものはないように思いますし、
小さい字で、「あくまでも個人の感想」などと書いてある場合が多いようです。
これを飲むと痩せるとか、元気になるとか、足りない栄養素がこれで賄えるとかは、実証が難しいそうです。
でも元気になりたい、少しでも痩せたい人にとっては、頼みの綱と思ってしまいます。

結婚相談所の広告についても、成婚率90%とか高い数字が、表示されているのをよく見かけますが、
何を根拠にしていえるのか、不明瞭です。
また成婚者トップクラスとか、他の相談所との比較も何を根拠にしているのか分からない事が多いです。
ある大手の結婚相談所では成婚者約12万人と書いてあったそうですが、事実はその半分の約6万人だったそうです。

消費者としては、締切が近いとか、限定品などの言葉に弱い所がありますので、心理を上手く使っているのでしょうね。
数字にとらわれる事も大事ですが、実態の把握はぜひご自分の目で見て頂きたいと思います。


紫陽花の綺麗な花も、婚活も、足を運ばなければ見ることはできませ ん。

今の時期はアジサイの花が綺麗に咲いていますね。
紫陽花にも本当にいろいろな種類があります。
色はもちろんの形も様々です。

人の出会いも周りにいくらでもあると思います。
今、出会いがないのであれば、まずは出会いの場へ一歩足を踏み出しましょう。
合コン、友達とカラオケ、イベントに出かける、趣味に参加するなど自ら動くことによって、
出会いのチャンスは広がると思います。
結婚相談所を利用すれば、より結婚のための出会いのチャンスが生まれるでしょう。
美しい花に出会えるのも、足を運ばなければ見ることはできません。

結婚相談所でお相手を見つけて結婚するなんて!とお思いのあなた。
お見合い結婚だからこそ、冷静にお相手を見て判断することができます。
親や友人のアドバイスも恋愛と違って素直に受け止めることもできます。
結婚相談所での出会いは決して恥ずかしいことではありません。
要は幸せな結婚ができればよいのですから。
原因は、出会いが無いと決めつけてはいないでしょうか?
自分自身の心を閉ざしているだけかもしれません
意識するだけで、きっと毎日が変わっていくと思います。

「20代ではまだまだ」「もう40代になったけど、難しい?」と、年齢を理由にしてはいないでしょうか?
自分の視野を広げる活動の一つと思って今日から始めませんか?


ダイナミックなお肉の塊を、関東関西の仲人さんもガッツリ食す

関西の仲人さんが東京に交流にいらっしゃいました。
ホテルに泊まって、またはご親戚のお宅に泊まっての交流。
頑張るぞ!との、気合を感じました。
関東と関西とでは、結婚相談所の内容が少し違うようで、
地域に添った結婚相談所があることを知りました。

その関西の数名の仲人さんと食事を共にしました。
渋谷にある焼肉屋さんのお肉ですが、800グラムだそうです。

テーブルの網でごろごろ表面を焼いた後、一度厨房に持って行き、一口に切っていただき、
さらに網で焼くといった面白い方法での焼き方でした。

「お肉を食べると元気なのよね」、「お肉は食べたほうが良いのよ」などの、
言葉を良いほうにとって、一番年齢が高い栗橋が、一番食べました。


婚活も気持ち新たに挑戦し続けることが良い結果につながります。

今、時代はテレビや雑誌、新聞の、あちこちのメディアで「婚活!」と騒がれています。
今まで結婚に興味がなかった独身の男女の皆さんの多くが、婚活をスタートしたいと思い始めています。
ただどなたもすぐにお相手が見つかるとは限りませんので、一人で悩んでいらっしゃる方も多いです。
でもそれはあなた一人ではありません。今度こそ今度こそはとお見合いをし、
時には交際に入っても相性が合わなかったり、価値観が違ったりで終わりになる事もあります。
そしてまた、気持ち新たに挑戦し続けることが良い結果につながります。

先日、日本人初の快挙に列島が沸いたニュースが入りました。
アメリカプロバスケットボールNBAのドラフト会議で、八村塁選手が一巡目で指名されたことです。
八村選手がバスケットボールを始めた中学1年生の時はバスケットボールは、
決して上手くなかったそうですが、彼の才能を見つけた恩師は、「NBAに行くんだ」と、常に彼に言い続けたそうです。
以来練習では一流選手のプレイを真似て、早くから世界を意識したことで才能が一気に開花し、
努力を重ね世代を代表する選手へと成長遂げたそうです。

決めた目標に向かって諦めない、自分を信じて努力をすることの大切さを教えられました。


婚活に積極的な美男美女のワイワイガヤガヤパーティ

過日、日本仲人連盟のラウンジで、面白いパーティを開催。
男性は、ラフな格好をして、自分の好きなお酒、お勧めのお酒を持参。
女性は、好きなおつまみ、お勧めのおつまみを持参。
珍しいものもたくさんあって、話題に事欠くことはありませんでした。

初めからお酒を飲んでの楽しいパーティなので、
普段は無口な方も、こんなにこの人はおしゃべりするんだと新しい発見もありました。
仕事をバリバリしている女性が多いように思いました。
男性は、どちらかというと優しくおっとりしている方が多いかと。
でもその釣り合いが良いと思うのです。

幸せなご家庭を築いているご夫婦を拝見してみると、奥様はどちらかというとしっかり者が多いと思います。
逆にご主人は、奥様の仰ることに同意したり、従ったりしていますが、
それが苦痛ではなく、どちらでも良いのでそうするようです。

堅苦しいパーティも良いですが、これもまた楽しい!!


結婚相談所を始めて間もない方に、大切なのは一生懸命さでしょう か!と。

6月13日、午後、日本仲人連盟の「渋谷ラウンジ」にて、相談室定例会「Future」が行われました。
第二部は、先輩相談室の仲人講座ということで、私、川崎生田相談室・栗橋がお話をさせて頂きました。

下記の内容ですが一部だけご紹介させていただきます。

私は一般社団法人 結婚相談業サポート協会(MCSA)に入っているので、
契約書や概要書面などは、経済産業大臣認定の日本仲人連盟の書式を使っております。
新規面接の方にも必ず、「経済産業大臣認定の書式を使っていますので、安心してください」と必ずお伝えし、
信頼して頂きます。

更に結婚相談業サポート協会の会員にもなっておりますので、
私と会員さんの間にトラブルがあった時にちゃんとサポートしてくれる機関があるのは、
会員さんにとっても心強いと思いますので、それも必ずお話しします。
何せ結婚相談所を決めるのに、どこにしたら良いのか、どこが信頼がおけるのか、
新規面談の方はその辺が気になると思います。
安心なところ、信頼できるところと認識して頂くよう、お話をさせて頂きます。
結婚を考えている方に対して、自らが心をオープンにしないとお相手も心を閉ざしてしまいます。
心を閉ざしたままの説明だけでは、相手の心に響かないと思っています。

また、会員さんはお見合いでうまくいかないと、疲れてしまいます。
交際しても上手くいかないとそれも同じです。
ある会員さんからは「婚活、もう疲弊しました」とメールが来たことがありました。
その気持ちは私も痛いほどわかります。
お見合いをしてもしても断られる。
交際になっても何度かお会いして終了。
それは疲れると思います。

私は会員さんにあまり頑張れとか言わないようにしています。
頑張っているのですから。
少し休んだらとか、頭から婚活の事を忘れたらと、気持ちをリフレッシュするように伝えます。
ただ諦めたら今までの苦労が無駄になる事や、他にどんな方法があるの?
と伺うこともあります。
もう良い方がいないから、この人を最後のお見合いの人にするといった人と結婚した例もありますので、
次の方が運命の人かもしれないので、諦めないようお話しします。

時々ですが、「きらきら通信」というものを発行しています。
当初は毎月発行していたのですが、会員数が増えると日常の仕事が多くなり、
だんだん間が空いてしまいましたが、それでも発行第97号になりました。
内容としては、パーティのご案内や、会員さんのためになるような記事を見つけて書いたり、
ホットな話題、最近の状況など、思うままに書いています。
最後には一人一人宛に、こちらの思いを書いています。
嬉しかったのは、会員さんから、ずいぶん励まされ、勇気をもらいましたと、言ってくださったことです。
そこには綴られていた「きらきら通信」があり、赤線が何本も引かれていました。
ご自分が大事なところと思ったところに、印をつけたそうです。

会員様とは、うわべだけの付き合いではない、本当に一生懸命だからこそ、
真剣だからこそ伝わるものだと思います。

そんな話をさせて頂きました。


6月7日 結婚相談所でお見合いをするときは、ある程度マニュアル化されていますが、その先、交際になってからが、応用編です

テレビで見かけるのですが、サバイバルゲームってありますよね。
道具や食料を一切持たず、無人島などで数日間を生き抜くという企画みたいなもの。
水や食料を調達するのにいかに大変かが良くわかります。
その上火をおこし、住む場所を確保しなければなりません。
水にしても食料にしても簡単に手に入る便利さにすっかり慣れている私たちは、
大昔は生きていくこと自体大変だったろうなと思います。

ある民俗学者は「人間一人ひとりの身の回りのことについての処理の能力は、過去に比べて著しく劣っている」とありました。
確かに、遠くのものを見極める視力も昔に比べれば劣っていると思います。
食料を調達する道具も自分たちで考え、知恵を絞って作らなければなりません。

それとは反対に現代は、物はある程度便利にできているけれど、さらに便利に、さらに明解にと、
どこまで行くのだろうとさえ思います。

社会の大きな変化に対して人も変化を求められていると思います。
ただ、人間にとって本当に大切にすべきものは何かを見つめていきたいと思う。
希望を生み出す力や、人間関係の絆も大切にしていきたいものです。

仕事ではマニュアル通りに何度も何度も繰り返し練習することで、体に刻むことができます。
ただその状況に合わせて、応用していく力は、私も苦手ですが、弱くなっているように思います。

結婚相談所でお見合いをするときは、ある程度マニュアル化されていますが、
その先、交際になってからが、応用編です。
第一回目のデートの時はお食事をするくらいまではできますが、
その先二回、三回とデートを重ねるうちに、男性はどこにお連れしたら女性は喜ぶか、相当悩んでいらっしゃいます。
映画は二人で並んで、一切会話することがなく終わってしまいます。
絵画や、芸術鑑賞は、二人が共通の趣味でしたら良いのですが、興味のない方は苦痛かもしれません。

川崎生田相談室の担当者として良くお勧めするのが、一緒に楽しめるような場所です。
共同で何かを作るとか、協力し合ってそこを突破するとか、動きのあるものが良いと思います。
科学博物館などもその回によって違いますが、一緒に電流を起こしたり、
化学反応が面白く表現されて、びっくるする二人が面白い。
パソコンを開いて探せば、何かしらどこかで、楽しめそうなものがあります。
都内に近いお蔭で、そういった場所は、地方の方より恵まれていると思っています。
各大学で、そういった催し物があるのをテレビで知って、しかも無料なので驚きました。

何回かデートを重ねたら、後はお互い少しは慣れてきますので、
どんなものが好きなのか嫌いなのか、食事の好みもだんだんわかってきます。
緊張感も和らいできて、少しはわがままも言えるようになります。
そのわがままも、可愛いと思うか、もうわがままなんだから!と思うかで、
大きな差が出ると思います。

二人一緒だからこそ、どんなことがあっても、希望を持って前に進める。
二人一緒だからこそ、相手を大切に思うことができる。
二人一緒だからこそ、変化にも耐えることができる。
二人一緒だからこそ、何が大切か良くわかる。

昔のように、水や食料を調達するのに、苦労はなくなったが、
希望を生み出す力や、人間関係の絆に苦労をしている人も多いと思う。
二人一緒だからこそ、できることを知ってほしいです。


カテゴリー

アーカイブ