*

「年齢」と「成婚しやすさ」について

「年齢」と「成婚しやすさ」について

「成婚しやすさ」とは活動会員数における各年代の成婚者における各年代を考えてみましょう。
全国の場合、「成婚のしやすさ」に置き換えると、男女とも年齢を重ねるごとに、相対的に「成婚しにくく」なっています。
一般的に、女性は年齢と共に成婚しにくくなると言われますが、男性も同様です。
男性は40代後半から100%(平均)を割り込み、女性は40代前半から100%(平均)を割り込みます。

関東の場合、活動会員に占める割合は男性40代前半、女性は30代後半が最も高いですが、
成婚者に占める 割合は男性30代後半、女性30代前半が最も高くなります。

関東の場合、男女とも40代から100%(平均)を割り込みます。

また50代前半の男性の「成婚しやすさ」 により、男性の下降曲線はなだらかになる一方で、
50代前半の男女の「成婚しやすさ」の差が大きくなります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

アーカイブ